--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.03.31 12:51|ごはんのこと
めいです。

イースターの今日、ブランドンが「イースターブランチ」に
連れて行ってくれました。

今回のレストランはこちら↓

IMG_0926.jpg

Devereaux's←ココをクリック
25 East Court Street Downtown Greenville, SC
864-241-3030

なかなかどうして、けっこうファンシーなレストラン。
通常はディナーのみの営業ですが、イースターやサンクスギビングなどの
スペシャルオケージョンのみ、こうしてブランチを提供してくれます。

ちなみに今回のお会計は、おひとり様29ドル。
チップ&TAX込みでおふたり様82ドルでした。

ま、スペシャルオケージョンなのでね・・・。

まずは1回目(室内が暗かったので、写真はイマイチですが)。

IMG_0913.jpg

ミニクロワッサンにミニシナモンロール、チーズ各種。
ソーセージはとっても上品な味がして、さすがおいしかったです。

そして2回目。

IMG_0918.jpg

ベーコンのキッシュとレモンチキン、マッシュドポテトにスイートポテト。
ポテトはとってもなめらかで、優しい味がしました。

もちろんデザートもたっぷり。

IMG_0923.jpg

チョコレートケーキにココナッツケーキ、それにクリームケーキ。
他にもキーライムパイやバナナパイ、チョコレートムースも
いただきました。

82ドルの元は取れたか分かりませんが(笑)、さすが高級ブランチだけあって
どのお料理も上品な出来映え。
お客さんもドレスアップした人ばかりで、多分みなさんチャーチ帰りかと思われます。
さすがにジーンズ履いてる人はひとりもいませんでした。

それにしても、最近妙にブランチづいてるロギンス家。
先週の日曜日はお友達たちとSoby'sのブランチへ行ったし・・・。


こうして贅沢なお食事をさせてもらえるのも、すべてブランドンさんのおかげ。
本当にありがたいことです。



スポンサーサイト
2013.01.26 16:56|ごはんのこと
めいです。

土曜日のお昼は、時々スザンナを誘っておうちランチします。
前回作ったのはカレーライス。
non040.jpg
初めての味に興味津々だったスザンナですが、「おいしい」と
褒めてくれました。
市販のカレールーを使ったので、まあまずくなりようないんですけども 笑。

そして今回はオムライス。
non036.jpg
そもそもアメリカ人(彼女はハーフフレンチですが)にはライスを
ケチャップで味付けする概念がないので、ちょっと驚いてましたけど。
でもオムレツの中にライスが入ってる発想は新鮮だったらしく、
「すごーい」って感心してました。

日本人にとってはポピュラーなメニューですが、外国人からすると
珍しかったりするんですよねぇ。
それってなんかカルチャーショックというか、こちらもすごく
興味深いです。
まさに異文化交流ですな。

ちなみに彼女はよくティータイムに招待してくれるのですが、
フレンチ仕込みの焼き菓子は本当においしいです。

レストランでランチしたりお茶したりするのもいいですが、
こうして手作りのものをいただきながらおしゃべりするのも
いいですねぇ。

でもおうちだとついついしゃべり過ぎてしまって、いつも
「あら、もうこんな時間」ってびっくりするんですけどね。



2012.12.30 17:51|ごはんのこと
めいです。

前からずっと行きたいと思っていた、ちょっと
ファンシーなブランチへ連れて行ってもらいました。

soby-s.jpg
Soby's
207 S Main St, Greenville, SC
864-232-7007

サザンキュイジーヌのレストランですが、
ディナーだとなかなかのお値段なので
ちょっと躊躇してたんですが。
ブランチならひとり18ドルで、ディナーと
変わらないクオリティのお料理が楽しめます。

ちなみにブランチメニューはこんな感じ↓

Pastry Chef's Display
New York Style Bagels
Soby's Cheese Biscuits
Petite Croissants
Chocolate Croissants
Assorted Fruit & cheese Danish
Whipped butter, cream cheese, veggie cream cheese, fruit preserves

Cold Foods & Salads
Roasted Garden Vegetable salad, Balsamic reduction
Tossed Field Green
Cous cous with sundried tomato & fresh basil
Sweet chili grilled chicken Salad
Fresh cut fruit bowl

Hot Foods
Omelet & Egg Station
Eggs Benedict & Florentine
Brioche French toast, Maple Syrup
Apple wood smoked bacon
Link Sweet sausage
Grits & Cheese Grits
Fried green tomato, pimento cheese fondue
Braised chicken with roma tomato & basil
Asiago herb rice

Carving Station
Top Round of Beef
Roasted garlic jus, Horseradish cream, petite rolls

Pastry Chef's assortment of cakes, cobbler, cookies

ちなみにわたしのお気に入りはシュリンプ&グリッツと
ペイストリー、それに作りたてのオムレツ、種類豊富なサラダ。
フルーツタルトやチーズケーキなどのデザート類も
めちゃめちゃおいしかったです。

ブランチは毎週日曜日、10時30分ー13時30分。
レストランの雰囲気もいいし、食べたお料理全部おいしかったし、
今まで行ったバッフェの中でもいちばん!
もっと早く行っとけば良かったー。

これ、かなりオススメです。
来年両親が遊びに来るので、絶対連れて行こうと思いマス。


2012.11.08 21:09|ごはんのこと
めいです。

レシピは個別にお送りするといいながら、
そのまま放置ですみません・・・。

しかもブログで公開して1回で済ませてしまおうとする
この図々しさ。
これまたすみません。

以下、キャロリンさんのちょー適当な(笑)レシピです。

●Chicken dumpling(だいたい4人分)

用意するもの
◆鶏胸肉2〜3枚 ◆チキンブロス1箱 ◆缶入りビスケットドウ←レイヤーのだと失敗します
◆バター(ハーフスティック) ◆クリームオブチキン1缶 ◆水(缶1缶分)

作り方
1) 胸肉をボイルして細かく割いておく
2) チキンブロス&水&クリームオブチキンを鍋に入れ混ぜる。
 そこへ割いたチキンを投入。
3 5分ほど煮込んだらバターを投入。
4) その後少し煮込んだら、缶入のビスケットを適当な大きさにちぎって入れる。
 (かなり膨張するので小さめにちぎるのがオススメ)
5) その後5〜6分煮たらできあがり。

ちなみに缶入りビスケットドウってのはこんなの↓

biscuits_grands_refrigerated_biscuitsjpeg.jpeg

クリームオブチキンはこんなのです↓

100227campbells_convert_20121109105434.jpg

コストコでなら日本でも手に入りそうですが。


●Peach cobbler

用意するもの
◆桃の缶詰1缶 ◆砂糖(1カップ) ◆小麦粉(1カップ)←必ずself rising使用
◆牛乳(1カップ) ◆バター(1スティック)

作り方
1) 耐熱皿にバターを塗り、レンジで温めて溶かす。
2) 砂糖・小麦粉・牛乳を入れて混ぜる。
3) そこへ桃を投入(桃を入れたら混ぜないでください)。
4) 350℉のオーブンで1時間ほど焼いたらできあがり。
※ピーチ以外にもブルーベリーやブラックベリーなんかでも
おいしいそうです。


以上が「チキンダンプリング」と「ピーチコブラー」の作り方です。
たったこれだけの工程で、とってもおいしい南部料理ができます。
ま、ほとんど缶を使うから(笑)難しくなりようがないんですけども。

興味のある方はぜひお試しください。



2012.11.04 17:43|ごはんのこと
めいです。

わたしの同僚、キャロリンさん。
南部料理が作れないわたしのために、
簡単な作り方を伝授してくれました。

さっそく彼女がくれたレシピで作ったのがこちら↓

IMG_0643.jpg

「Chicken Dumpling」です。

ちょー簡単なのにちょーおいしい。
さすがお料理歴50年以上のご夫人が考案したレシピだけあります。

そして今までなかなかうまくできなかった「Peach Cobbler」も
上手にできました!

IMG_0644.jpg

「今までのはなんだったの?」ってくらい簡単でした。


今までロギンス家の食卓にはのぼらなかった南部料理に、
ブランドンさんも大喜び。
外国人であるわたしにとって、その国の料理を学ぶには
やっぱり作り慣れた人に教えてもらうのがいちばんですね。

ちなみに義理母はあまりお料理が好きじゃないので、
彼女から教わったものは今のところありません(苦笑)。
でもキャロリンさんがいろいろ教えてくれるから
本当に助かります。


もしレシピを知りたい方がいらっしゃいましたら、
めいまでご一報ください。
個別にお送りします。



03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

may0817

Author:may0817
サウスカロライナ州、グリーンビル在住。
アメリカ人の夫・ブランドンくんとは日本で知り合い、同棲→遠距離恋愛を経て、2008年に無事!?結婚しました。
現在結婚4年と9ヶ月、子どもなしの共働き夫婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。