--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.30 21:28|アメリカ生活
めいです。

8月28日(土)・29日(日)と、オーガスタ(ジョージア州)で行われた
フリスビートーナメントへ応援に行ってきました。

大会の模様はこちら↓



アッシュビルの時と同じチームだったので、ほとんどメンバーは同じデス。

ちなみにフリスビーは7人で行うスポーツなのですが、
全力で走ったりするため体力を消耗するのが早く、
頻繁にメンバーが入れ替わります(だいたいはどちらかが点を取った後)。

そしてテントで待機してる人たち↓

DSCF1704_convert_20100831101733.jpg

土・日ともにいいお天気だったけどものすごく暑かったので、
テントは必需品。これがないとずーっと炎天下のもと座ってなきゃ
いけないので、かなり辛いのです。
でもテントの下は快適~。

そして試合の後は、フリスビー協会が用意してくれたパーティー会場で
ビール飲み放題&踊り放題↓

DSCF1724_convert_20100831231550.jpg


みなさんノリノリです。

そして2日目は午前中に2試合こなし、それですべての予定を終了。

今回は楽しむことが目的なため、勝ち負けはどーでもいいらしく。
確かに7試合中多分2試合くらいしか勝てなかったと思うのですが、
みんな別に気にしてないって感じでした。

さて。

お昼はチームメイツと、オーガスタのダウンタウンにあるピザレストランへ。
ちなみにオーガスタのダウンタウンはこんな感じです↓

DSCF1737_convert_20100831102607.jpg

そしてわたしとブランドンがオーダーしたのは、
16インチの「ハワイアン」ピザ。
パイナップルが決め手です↓

DSCF1740_convert_20100831102749.jpg

もちろん全部は食べきれないので、持って帰るつもりでオーダー。
マジで一切れ食べたらおなかいっぱいになります。

もちろんおいしかったケド。


スポンサーサイト
2010.08.26 22:04|めいのこと
めいです。

仕事を始めたものの、いかんせんカラダがなまっているもので、
毎日終わる頃には足が棒のよう。

もう、とにかくクタクタです。

労働時間は4~5時間なのですが、
基本立ちっぱなしなのでけっこう辛い。
でも、まだ歩き回れるからその分気は紛れるけど。

相変わらず同僚のおばさまたちにはかわいがられていて、
夜シフトで一緒のウィルマさんとはすでに仲良し。

明日は珍しく朝シフト(なのでマリーと一緒)なのですが、
帰り際ウィルマに「明日は夜じゃないの?めいがいないと寂しいわ~」
なんて言われたりして。

わたしのイメージでは、黒人のおばさんはいつも明るくて、
「ガハハ」って笑う肝っ玉かあちゃんみたいな感じなんですけど、
ウィルマは正反対で、とってもおとなしい優しいおばさん。

いつもわたしの担当エリアまでやって来て、「Are you OK?」って
気遣ってくれるんです。

そんなワケで、しばらくカラダが慣れるまでには
時間がかかりそうですが、やっぱり仕事が終わった後の
充実感は、なにものにも代え難いですな。

そして今日、初めてのチェックをもらいました!
締めの都合上2日分なので金額は少ないけれど、それでも
アメリカで働いて初めてもらったチェック。

うれしいです。

2010.08.23 11:18|アメリカ人のこと
めいです。

久しぶりに義理妹・ニッキーとランチしました。
一通り近況報告をした後、最近までちょっとだけわたしを悩ませていた、
ある女の子の話を彼女にしました。

その女の子はフリスビー仲間のひとりなのですが、
まるでティーンエイジャーみたいなんです。
実年齢(22歳)のわりには考え方や行動が幼くて、
常にアテンションがほしいタイプ。

基本的に悪い子ではないと思うのですが、男の子たちにベタベタし過ぎます。
もちろん、他の子にするのはわたし的にどーでも良いのですが、
問題はブランドンにもしてくるところ。

しかもわたしの目の前で、彼に抱きついたり(ハグではなく、まさに抱きつく)、
彼の前髪をさわったり、彼の背中にお絵描きしたりします。

妻としては、心穏やかではありません。
しかも腹が立つことに、ブランドン本人もただそれを受け入れているだけ。
そのことを指摘しても、
「あの子は子どもみたいなものだから、いちいち気にしちゃダメだよ」
と言います。

いやいや、彼女子どもじゃないから!ちゃんとした、22歳の女性ですから!

ブランドンは女性として彼女を見ているわけではないので、
「彼女にされることにはなにも感じない」と言います。

でも、問題はそんなことじゃなくて単純にそうゆう場面を目にするのが
不愉快なんです、わたし的には。
何度もそう言ってるのに、彼には分かってもらえません。

そしてニッキーのアドバイス。

「めいも同じことを他の男の子にしてやるべきよ」

彼女の考えは、「男はいくら口で言っても理解できない時があるので、
そういう時はビジュアルで示さなくてはいけない」ということ。

例えばわたしが他の男の子に抱きついたり、髪にさわったり、
背中に絵を描いたりしてるところを横で見たら、どんな気持ちになるか。

ニッキーがすごいのは、それが「バカバカしい」ことだとあらかじめ
分かっていながらも、あえてすることで『相手に分からせよう』とするところ。
実際、スタフォードに分からせるために実践したこともあるそうです。

お~!

もちろん、わたしが彼女と同じようにできるとは思いませんが
(だってそうは言ったって、わたしもいいおばちゃんですし)
「すげーよ、ニッキー」と思ったのは事実。

「アメリカ人の女の子って、ある意味強いよな~」

と、妙に感心したわたしデシタ。

2010.08.19 15:03|めいのこと
めいです。

今週火曜日のオリエンテーションから、
新しい仕事が始まりました。

今は大学が夏休みのため、カフェテリア自体はそんなに忙しくないのですが
(クラブ活動してる子たちが来るのみ)、基本的に立ち仕事なので
それが少々キツイです。
慣れれば大丈夫だとは思うのですが・・・。

それにしても、仕事が終わった後の充実感って
「こんなにいいものだったの?」
久しぶりに味わうこの気持ち、やっぱり働くのってすばらしい!

さて、わたしの新しい職場には若い子もいるのですが、
メインはおばちゃん。
ちなみにわたしに仕事を教えてくれるマリーは、
推定年齢50代後半~60代前半。
ちなみに彼女はスコットランド人で、旦那様がアメリカ人。

ものすごく親切なおばさんで、わたしのことをすごくかわいがってくれます。
多分自分の娘とわたしが変わらない世代だからでしょう。

でも言われたことを実践するたびに、
「Good girl!」って褒められるのはなんだかこっぱずかしい・・・。

ま、彼女からしてみたらわたしなんてほんの子どもですけど。

ほとんどはアメリカ人ですが、その他にもコロンビア人1人・
ルーマニア人2人・中国人1人、そして日本人1人。

意外と国際色豊かです。

そんなたくさんの仲間に囲まれて、これからも初体験の仕事を、
心から楽しみたいと思いマス。

ちなみに今回はユニフォームもあって、これまた新鮮!
ネイビーカラーのポロシャツとカーキーパンツ、
それにネイビー&カーキーのキャップです。

パンツにポロシャツをインしなくちゃいけないのが、
ちょっと残念なんですけどね(苦笑)。


2010.08.18 08:06|めいのこと
めいです。

わたしくしごとですが、昨日誕生日でした。
この歳になるとあんまりうれしくないんですけど、
それでも「歳を重ねるのはいいことだよ!」と言ってくれる
ブランドンのためにも、喜びたいと思いマス。

さて、昨夜はわたしが前々からリクエストしていた、
ダウンタウンにある日本食レストランでバースデーディナー。
ブランドンがカウンターを予約しといてくれました
(通常はカウンターの予約は受け付けていないそうですが)。

ちなみにそのレストラン、日本人の寿司シェフ(オーナー)が
いらっしゃいます。

最初、「せっかくだから」と「シェフおまかせ寿司」を
オーダーしたのですが、残念ながらお魚の都合上
「できない」と言われてしまい・・・。

実はフレッシュなお魚が届くのは毎週水曜日らしく(昨日は火曜日)、
ちょっとタイミングが悪かったようで。

その代わり、レギュラーのお値段で握りのランクを上げて
もらえました!ラッキー。

カウンターからサーブされたお皿には、いくらやあなご、トロなどなど、
おいしそうな握りばかり・・・。
もちろんすべて、

ちょーうまい!!!

やっぱりお寿司はこうじゃなきゃ!
というわけで、大満足なディナーでした。

ただしこちらのレストラン、おいしいだけあって
他のレストランよりはちょいとお高め?
少なくともロギンス家のバジェットを考えると、
毎回行ける金額ではないのですが・・・。

それでも月に1回くらいは、連れてってもらえたらうれしいな~。


帰宅後、ブランドンが用意してくれたバースデーケーキを
いただきました↓



なんでアメリカのケーキって、必要以上に甘いの
かしら。


2010.08.16 18:28|旅行
めいです。

今回、ブランドンが予約してくれたのがヒルトンホテル↓



ちなみにお部屋はこんな感じ↓

DSCF1692_convert_20100817075716.jpg

わたしたちの場合、あまりホテルにはこだわらないので
いつも宿泊するのは2ツ星くらいのお値打ちなホテルなのですが。

ヒルトンがスペシャル価格で安かったため、
今回はちょっとリッチな気分が味わえました。

それにしても、普段そこそこのお値段のホテルは、ベッドがかなり心地良い。
マットレスもピローも気持ちよく、翌日はスッキリお目覚め。

やはりサービスとは、金額に比例するものなのですね。

さて。

チェックアウトを済ませたわたしたちは、お待ちかねのラーメンレストラン
「うMAIDO」へ。

こちらはブランドンがオーダーした「とんこつラーメン」↓

DSCF1695_convert_20100817075940.jpg

そしてこちらが、わたしがオーダーした「ハニー味噌ラーメン」↓

DSCF1693_convert_20100817075855.jpg

どちらも細麺の意外とあっさり味。

かなりこってりしたのが好きなブランドンには少々物足りないようですが、
それでもこの辺のエリアで本格的な日本のラーメンが食べられるだけでも
幸せデス。

自家製ギョウザまで平らげ(ブランドンは替え玉も)、
お腹いっぱいになったわたしたちは大満足で帰路についたのでした。

途中アウトレットへ寄ったのですが、そこでみつけたワンピース。
年甲斐にもなくアバクロンビーで買っちゃいました↓

DSCF1699_convert_20100817080054.jpg

でも、セールで10ドルだったし・・・。

10ドルならアリですよね?


2010.08.15 17:39|旅行
めいです。

土曜日から、ブランドンとアトランタへ一泊旅行に出かけました。

実はグリーンビルからアトランタへは、車で2時間ほど。
わざわざ宿を取る必要もないのですが、どうせ行くなら
「ラーメン食べたい、焼き肉食べたい、飲茶食べたい!」ということで。

すべての欲求を満たすため、1泊2日にしたのでした。

まずは1日目の昼食、「Hong Kong Harbor」で飲茶↓



ナスには豚のミンチが挟んであって、すごくおいしかった~。
エピ餃子もプリプリです。

レビューによると人気のレストランらしく、
お昼は30分くらい待たされることもあるそう。
でもわたしたちは到着したのは11時半前だったので、
けっこう空いてました。

お腹がいっぱいになったわたしたちが向かったのは、
ダウンタウンにある「ジョージア水族館」へ↓

DSCF1676_convert_20100816064834.jpg

全米でいちばん大きな水族館だそうです。
土曜日の午後だけあって、とにかくものすごい人。

ブランドンがネットで事前に予約をいれてくれたので、
わたしたちは並ばすに済んだのですが・・・。

この行列に加わるのは、かなり大変かと↓

DSCF1655_convert_20100816064939.jpg

もしチケットを当日購入してたら、入場するまでに
1時間以上かかるところでした。

さすが「全米一」と謳うだけあり、中はけっこう広かった。
ちなみにわたしのお気に入っりは、2頭(?)のベルーガ↓

DSCF1672_convert_20100816065035.jpg

「歯クジラ」の一種で、大人になると白くなるそうです。
まるで歌ってるような声を発するので、「海のカナリヤ」と
呼ばれているとか。

あまりに優雅に泳いでいるので、しばらく水槽の前に
見入ってしまいました。

さて、水族館を後にしたわたしたちは、
次に水族館横の「ワールドコカコーラセンター」へ↓

DSCF1679_convert_20100816065140.jpg

コカコーラの本社って、アトランタにあるんですよ~。
わたしもこっちに来るまで知らなかったけど・・・。

ここはコカコーラのミュージアムみたいなもので、
目玉は何と言っても、
「コカコーラが作ってるさまざまなジュースが試飲できる」ところ。

全世界に60種類ほど存在するらしく、「これはイケル」ってものから
「なんだ、コレは!?」ってものまで、味もさまざま。

もちろんコカコーラも試飲自由です↓

DSCF1690_convert_20100816065230.jpg

コーラ好き(それはブランドン)にはたまらないところですが、
まあ一度行けば「もういいかな」って感じでしょうか。

その後ホテルにチェックインしたわたしたちは、ひと息ついた後
コリアンレストランへ。

ここではプルコギとポークをオーダーし、久しぶりの焼き肉に舌鼓。
(焼けたと同時に食べ始めてしまったため、写真は撮れませんでした)

その後カラオケボックスへ行き、これまた久しぶりに歌っちゃいました。
なんだか日本にいた頃のデートを思い出し、妙にはしゃいでしまったわたしたち。

こうしてアトランタの夜は更けていったのでした・・・。

2010.08.10 13:57|彼のこと
めいです。

8月8日(日)は、愛する旦那様・ブランドンくんのバースデー。
今年はフリスビーのトーナメントと重なったため、当日は仲間にお祝いして
もらったのデシタ。

というわけで、1日遅れのバースデーディナーはロブスターをウリにしている
あるレストランにて。

アぺタイザーは、ロブスターとアーティチョークのディップです↓



日本にいた頃は、チップス&ディップなんて全然食べたことなかったのに。
アメリカに引っ越してからはよく食べてる気が・・・。
しかもディップなしでは、もうチップスが食べられなくなってしまったくらい。

住むところが変われば、食べるものも食べ方も変わるんですね。

そしてメインは、ロブスター&シュリンプ&クラブのコンビネーション↓

DSCF1650_convert_20100811030531.jpg

こちらではロブスターやクラブは、バターソース(右側にある黄色の液体)に
つけて食べるのですが、やっぱりレモンをかけて食べるのがイチバン!

あー・・・、おいしい・・・。

が!!しかし。

やっぱり、海辺の町で食べるシーフードにはおよびません(涙)。

とは言え仕方がない、これがグリーンビルの実情。
まだ海がある州ってだけでも、良しとしとくべきでしょう。

ところで余談ですが、うちの旦那様はまったくグルメな人ではありません。

30ドルのすごーくおいしいステーキよりも、15ドルのまあまあな
ステーキを選ぶ人です。
それにお酒も飲まないので、すごく安上がりな人なのです。

ま、ご馳走するわたしとしてはありがたいんですケドね。

ちなみにわたしの誕生日は来週なのですが、もちろんおいしいものを
食べに連れてってもらうつもり。
今のところ、候補はお寿司がおいしいと評判の日本食レストランです!

2010.08.09 13:20|旅行
めいです。

8月7日・8日の2日間にわたり、フリスビーのトーナメントが
ノースカロライナ州のアッシュビルにて開催されました。

ちなみに「Ultimate Frisbee」とは、フライングディスクを使用し
1チーム7名で行うスポーツのことです↓



わたしは参加しませんでしたが、ブランドンを含め何人かの友人が出場するため、
その応援のために今回同行することにしました。

このスポーツ、走ったり投げたりキャッチしたり、けっこうな運動量。
観戦してるだけでもけっこう楽しいです。
ルールも難しくないし。

DSCF1643_convert_20100810025039.jpg

1日目終了後、運営委員会から軽食のサービスがありました。
ブリトーとチップス、デザートのクッキー、そしてビール。
試合が終わったチームから順に集まって、各々食べてます↓

DSCF1621_convert_20100810024511.jpg

そして夜は、Brewerの一角を貸し切ってのパーティがありました。
大会に出場しているさまざまなチームが参加。
ジョージアやサウスカロライナはもちろん、中にはフロリダやNYから来てる
チームもあったとか。
ちなみにここで作っているビールが飲み放題です↓

DSCF1625_convert_20100810024951.jpg

残念ながらブランドンが所属してるチームは、2日目の第一試合で
負けてしまいました・・・。

でも、今回はシリアスなゲームじゃなくて、お祭り気分で
雰囲気を楽しむのが目的だったので、すごく楽しかった。
いろんな人にも会えたし!

次回のトーナメントは8月28日・29日のオーガスタ。
同じメンバーだし、仕事がなければぜひまた参加したいデス。


2010.08.05 08:52|めいのこと
めいです。

実は一昨日から、プチ断食してました。
詳しくはこちら→http://diet.goo.ne.jp/member/howto/re0804_no1/

このヨーグルトプチ断食、2日間ヨーグルトと豆乳(または野菜ジュース)、
それにお水2ℓだけを摂って、腸内をリセットしようというもの。

正直、固形物を2日間も摂らないのは自分の人生(物心ついてから)初の
出来事だったため、けっこう辛かった・・・。

でも、「ごはんを食べなくてもちゃんと人間生きていけるんだなぁ」と
妙に感心したりして。

さて、気になる結果ですが・・・。

たった2日間で5パウンド(2.25kg)減!!

すばらしい~。

やっぱり初日はカラダもショックを受けたようで4パウンド減、
2日目はすでに慣れたのか1パウンド減。

一応目安としては、1カ月に1~2回がいいみたいデス。
即効性があるので、「すぐに結果を出したい!」って人にはオススメ。
お腹回りもスッキリします。

2010.08.02 14:20|アメリカ生活
めいです。

とある日本食レストランのアニバーサリーパーティに参加してきました。




実はこのレストラン、「居酒屋スタイル」と謳っていたため期待して行ったけど、
普通のレストランだったということもありその時に一度行ったきり。

だからこのパーティも、フリスビー仲間の子に誘われて初めて知りました。
(どうやら4人以上で行くと、チケットが50ドル→40ドルになる模様)

パーティはバッフェスタイルで、

DSCF1596_convert_20100803035139.jpg

カウンターにはにぎりからロールまで、お寿司がズラリ。
寿司シェフに言えば、好きなのを握ってくれます。

ちなみにわたし&ブランドンはいくらをオーダー。

DSCF1599_convert_20100803035231.jpg

あなごもあって、ネタ的にはかなり太っ腹。
まあアニバーサリーだから当然だケド。

もちろんアルコールも飲み放題だったので、普段は高くて躊躇する
日本のビールをたくさん飲みました。

余談ですが、このパーティに誘ってくれたジャッキーは22歳、
そして一緒に連れて来た妹・ニッキーは18歳
(彼女はお酒が飲めないので、帰りは運転してくれました)。
それにジャッキーのボーイフレンド・トムは21歳。

何でしょう、この組み合わせ。

ブランドンはまだ20代だからなんとかなるにしても、
わたしはまったくムリ。
彼らのテンションの高さ&話してる内容には、
まったくもってついていけず・・・。

でも、ほとばしる若さを身近で感じるのはけっこう
心地よかったケド←この辺がすでにおばさんっぽい

とにかく「にぎり大好き」なわたしとブランドンは、
いくらとあなごが食べられただけでかなり満足なのでした。



07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

may0817

Author:may0817
サウスカロライナ州、グリーンビル在住。
アメリカ人の夫・ブランドンくんとは日本で知り合い、同棲→遠距離恋愛を経て、2008年に無事!?結婚しました。
現在結婚4年と9ヶ月、子どもなしの共働き夫婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。