--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02.29 17:54|家のこと
めいです。

今のおうちへ引越して今年の5月で丸3年になりますが、
相変わらず物が少なくてシンプルです(笑)。

引越して来た時どんなテイストのインテリアにするか悩んで
結局「オリエンタルスタイル」がテーマになったのですが、
ちゃくちゃくと増えてますよー、アジアンチックな小物。

例えばわたしの最近のお気に入りがコレ↓

IMG_0222.jpg

IMG_0221.jpg

ハンドメイドのクラフト、インド産です。

そしてこちらもインド産、カラフルなキャンドルホルダー↓

IMG_0227.jpg


テレビの横には、中国産の蘭の鉢植え(造花です)を飾ってみました。

IMG_0224.jpg

IMG_0225.jpg


そしてこちらがマスターベッドルーム↓

IMG_0228.jpg

真ん中はタペストリーではなくシャワーカーテンです(笑)。
でもデザインが気に入ったので・・・。

IMG_0229.jpg

そして殺風景だった壁には、色違いの同じ絵を並べてみました。
ブランドンは「同じ絵並べて何がいいの?」って言いますが、
ださいアメリカ人に何言われても平気です(笑)。


日本でひとり暮らししてた頃は「アジアンテイスト」とかには
まったく興味がなかったのに、アメリカへ引越して興味津々に。

だってやっぱりわたし、アジア人だし・・・。
アジアンチックな空間はとても落ち着きます。


スポンサーサイト
2012.02.26 18:58|映画のこと
めいです。

ブランドンと映画を観にいきました。

karigurashi_convert_20120227083526.jpg

『The Secret World of Arrietty(借りぐらしのアリエッティ)』です。
ちなみにイギリス版のタイトルは『The Borrower Arrietty』らしく、
こちらの方が日本語と同じ意味になりますね。

スタジオジブリの作品は基本的におうちで観るのですが、
今回はレビューなどかなり評判が良かったので
映画館まで観に行くことにしました。

感想としては「スタジオジブリらしいね~」のひと言ですが(笑)、
わたしがいちばん好きな『もののけ姫』にはおよびませんでした。

それに、ちょっと突っ込みたいところも・・・。

例えば主役の男の子、日本名が「ショウ」でアメリカ版が「ショーン」。
これは分かるのですが、彼の大おばさん「貞子」がなぜに「ジェシカ」?

そしてアリエッティの父親は夜毎人間の家にやって来ては
ティッシュやら角砂糖やらを拝借していて、だからこそ
「借りぐらしー」ってタイトルなのですが、でもそれって
返すわけじゃないから「盗んでる」ってことじゃ?

とか。

でも、そんなこと考えちゃいかんですよね。
だってスタジオジブリ作品だし。
2012.02.21 16:46|私たちのこと
めいです。
先日、久しぶりにブランドンがドライブに連れて行ってくれました。
それがノースカロライナ州の「Brevard」というところ。
今回が2回目です(ちなみに前回のブログはこちら→「ブラくんとドライブ」)。

とてもちっちゃなダウンタウンですが、たまたま入った
セレクトショップでこんなステキな陶器の置き時計を発見。

IMG_0219.jpg

しかもコレ、$8.00だったんです~。
見た瞬間、「これ買う!」って即決しました。
ま、お値段も安かったのでね。

その後アンティークショップを冷やかしたりして、
町歩きを楽しんだわたしたち。
この日のランチは「これぞアメリカ!的レストラン」で
BLTサンドイッチを食べましたー。

IMG_0209.jpg

サイドがチップス(フレンチフライではなく)ってところが
いかにも安っぽい感じですよね。
おいしかったケド。




2012.02.18 18:00|お気に入り
めいです。

久しぶりにブランドンとドライブに行きました。
行った先でたまたまみつけた、2軒のスリフトストア。

まずは1軒目で、これらをゲット↓

IMG_0213.jpg

カタチが気に入った茶色のショートブーツと
(光の加減で黒っぽく見えますが)

IMG_0214.jpg

ジーンズに合うシンプルな黒のショートブーツ。

それぞれまだ新しいのに、お値段はひとつ$4.00!
ふたつ買っても$8.00(+TAX)です。


そして2軒目。
ここでではこんなかわいいキッチンアイテムをゲット↓

IMG_0215.jpg

なんとこのセット、3つで$6.00でした。
小麦粉とかお砂糖とか入れちゃう?

今日のショッピング、全部で$14.00ドル(+TAX)です。
これだからスリフトストア巡りは止められないんですよねー。

ちなみにこれが目的だったワケではないのですが、
思いがけずよい買い物ができてうれしい1日でした。

2012.02.13 17:34|職場のこと
めいです。

以前朝シフトで一緒に働いていた、19歳女子・トゥナイヤ。
新しいスタッフが増えたのにともない夜シフトに変更になった
彼女でしたが、知らない間にクビになってました。

そして隣のセクションで働いてたホーリーちゃんも、
「最近見かけないなー」と思ったらやっぱりクビになってました。
話しやすくていい子だったのに、残念・・・。

今まで誰かが『クビ』になるような職場で働いたことがないので、
昨日までいた子が突然いなくなるという状況には心底びっくり!

それにしても、こんなに甘ーい職場環境でクビになるなんて、
よっぽどのことだと思います。
圧倒的に若い子が多いのですが、自分が彼らの年代だった時だって
こんな無責任なことはしなかったと思います。

これってやっぱり、「親の躾」の違いなんですかねー。


ちなみに今一緒に働いてる子は18歳の男子ですが、
この子はどうかしら。
挨拶のできる良い子なのですが、いかんせんまったく
要領を得ない子なので、別の意味でクビにならないか不安です。


2012.02.10 17:02|家族のこと
めいです。

13歳の時、サウスカロライナ州へ引越してきたブランドン。
生まれはルイジアナ州の州都、バトンルージュです。

今でもほとんどの親戚がルイジアナに住んでいるのですが、
実はわたし、結婚してもうすぐ4年になるのに一度も
彼のおばあちゃんに会ったことがありません。

毎回長期休暇の前になると「今度こそルイジアナへ!」って
意気込むのですが、車で12時間以上かかるのでなかなか
重い腰が上がりません。

でもイチバンの理由は、ブランドン曰く
「(親戚の人たちと)一緒にいすぎると、かなり気が滅入るんだよねぇ」。

例えばテレビ番組でルイジアナの人が話してると、
必ずと言っていいほどサブタイトルが付きます。
それはつまり、ネイティブも分からないほど訛ってるってことです。

確かに、そんな英語をずーっと聞かされてれば、
気が滅入らなくもないですよね。
わたしは無視できますケド。

さらにルイジアナと言えば、独自の文化を持つところ。
だからなのかアクの強い人が多いらしく、一緒にいると
気疲れしてしまうんだそうです。

だってやっぱり、ルイジアナまで行ったら親戚訪ねない
ワケにはいかないし。
そんでもって訪ねたら、「泊まってけ」ってことになるだろうし。

ルイジアナってとっても魅力的なところだし、
シーフードはおいしいし、わたし的にはかなり行ってみたい
州のひとつなのですが。
でも、強烈な彼の親戚たちに会うのはちょっと怖いような・・・。

とは言えいつまでも先延ばしにはできないので、
次の休暇にはいよいよ行くかもしれないです。


そうそう、ルイジアナの郷土料理といえば、なんと言ってもコレ!

DSCF1317.jpg

ガンボですー。
ちなみにこれ、毎年クリスマスに義理父が作ってくれるんですが、
めちゃめちゃおいしいです!
でもレシピは彼の頭の中だし、複雑な味で誰にもマネできません。

早くブランドンが作れるようになってくれるといいなぁ。


2012.02.05 15:32|お気に入り
めいです。

今回日本へ帰国した際、妹が持ってたカメラケースに
ひと目惚れ。
彼女はどこかのカメラ屋さんでみつけたそうですが、
あまりにかわいいのでまねっこしちゃいました。

IMG_0203.jpg

毛糸で編まれたカメラケース。
皮のヒモが付いてます。
ちなみにお値段は、確か2200円だか2300円だか。
アメリカの感覚だとものすごく高いけど(笑)、
日本の感覚なら「ま、それくらいかな」って納得できる値段?

すごくかわいー。

こんなの、アメリカには絶対売ってないと思います。
(少なくともサウスカロライナにはないでしょう)

日本へ帰国するといつも思うのですが、洋服も雑貨も
やっぱり日本ってすごくかわいいですよね。

今回妹夫婦にいろんな雑貨屋さんへ連れてってもらいましたが、
とっても楽しかったなー。
「雑貨屋巡り」も日本へ帰った時のお楽しみなんですよね。


2012.02.02 21:32|めいのこと
めいです。

友達が行きつけのネイルサロンへ連れて行ってくれました。
その名も「Nail Spa←ここをクリック」

026_26_convert_20120203110018.jpg
593 Haywood Rd
Greenville, SC 29607-2769
Phone: 864-234-0488

実はわたし、アメリカではまだ一度も行ったことがなく、
今回が初体験。
一応人並みに稼げるようになったので、ペディキュアで20ドル
(チップ入れたら24ドルだけど)くらい払ってもいいかな、と。
ちなみに友達は弁護士なので、月に2~3回のネイルサロン通いは
「屁でもない」ようです(笑)。


さてこのサロン、室内に噴水があったりして高級感を演出してますが、
微妙にダサイ感じ↓

012_12_convert_20120203110740.jpg

受け付けを済ませたら、まずはたくさんある中から好きなカラーを選びます。
(ちなみに棚はもうひとつありました)

011_11_convert_20120203110924.jpg

そう言えばこのサロン、使用するマニキュアにはこだわりがあるそうで。
確か2つくらいのブランドを使用してて、友達曰く
「いずれも評判のいい人気のブランドだよ」とのことでした。


今回わたしが選んだのは、ペディキュアのみのベーシックコース。
これには爪のカット・甘皮処理・オイルマッサージも含まれています。

施術用のシートはマッサージチェア、足元はフットバス。
リラックス効果も抜群でした。

そう言えば、この手のサロンのスタッフってだいたいアジア人なんですよね。
このサロン、マネージャー(ってかオーナー?)は白人の女性だったのですが、
スタッフはすべてベトナム人だったし。
やっぱりアジア人は手先が器用なんですかねー。

施術後のわたしの足の指、まるで別人のように美しくなりました!
やっぱりプロはすごいです。

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
プロフィール

may0817

Author:may0817
サウスカロライナ州、グリーンビル在住。
アメリカ人の夫・ブランドンくんとは日本で知り合い、同棲→遠距離恋愛を経て、2008年に無事!?結婚しました。
現在結婚4年と9ヶ月、子どもなしの共働き夫婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。